メンズ

離婚に伴う慰謝料|平均的な額や計算方法を知る

モラハラやDVが原因

喧嘩

近年、男性がモラハラやDVの被害者になることがあります。この様な問題が家庭でもみられる様になっています。妻のモラハラやDVが原因で離婚する場合は、弁護士に協力してもらいましょう。

詳しくはこちら

年収や資産が関係してくる

男女

夫婦仲を維持することができなくなった場合、離婚の申請をします。当人同士での話し合いで和解するのであれば時間や手間もかからずに済みますが、全てのケースがそうとも言えません。離婚に至る原因によって話し合いが複雑になりますし、慰謝料の請求にも発展します。離婚する時に慰謝料を請求するケースは、不貞行為やDVなど、どちらかに過失があったとみなされた場合に起こります。

不貞行為で慰謝料を請求される場合、不貞による精神的苦痛と離婚そのものから受ける苦痛を含めた金額を請求されることになります。請求される金額の幅は広いですが、不貞行為が行なわれていた期間や回数で変わってきます。不貞行為の期間が長ければ長い程、回数が多ければ多い程金額が上がると考えられます。また、請求する相手の資産や収入によって金額が変わってきます。実際の事例では、男性側の不倫行為発覚後、別居その他にも複数の女性との不貞行為で1000万円の請求が通りました。この事例の場合、男性側が経営者という立場で資産が豊富だったことから、この様に高額な請求も通ったのでしょう。

一般的な慰謝料の平均額は300万円前後と言われています。夫婦間の財産分与や、資産、預貯金の分与によって慰謝料も変わってきます。また、離婚の原因を作った側の誠意によって減額することもあります。具体的な金額を決める時は、弁護士の協力が必要になってきます。事前に話し合いを行ない、交渉に入っていきます。

元本や利息の割合

硬貨

京都で借入がある方は、自分に過払いが発生しているか確認してみましょう。借入の元本と利息の割合、返済期間など条件によって知らない内に過払いの状態になっていることもあります。

詳しくはこちら

退職金や財産分与

夫妻

離婚と金銭問題は関わりが深く、安易に決めることができません。また、当人同士では話が進まないこともあるので、弁護士を間に入れて決めていくことが早期解決のカギになります。

詳しくはこちら